二極化が進むフリーランス

二極化が進んでいるのが、IT業界で働くフリーランスエンジニアの特徴です。
一口に同じフリーランサーだと言っても、高いスキルを持った人もいれば、ほとんど何のスキルも持ち合わせていない人もいます。
前者の場合、会社組織で一正社員として働くだけでは物足りないとフリーになる道を選んだ人が多いでしょう。
後者は逆に、正社員になりたくてもなれず、仕方なく生きていくためにフリーで活動をしている場合が少なくありません。
非常に両極端であり、IT業界ではフリーランスと言われてもすぐにどちらのタイプに該当するのか判断をすることは難しいでしょう。
能力があるのかないのかは、職種や肩書ではなくその人をしっかりと見て判断をするしかありません。
高いスキルを持ち合わせている人は、正社員よりも良い待遇で雇われるケースが出てきて当然です。
派遣であっても、高いスキルがある人はいきなりプロジェクトのリーダーを任されることがあります。
月収が百万円を超える人も少なくありません。
その人にしかできない仕事があるので需要も高い上に収入も安定し、フリーだと言ってもむしろ正社員をしているときよりも高年収になることもあります。
逆に、スキルがなくて仕方なくフリーで働いている人は、低年収に喘いでいる傾向にあります。
誰にでもできる仕事しか受けられないので、年収も伸び悩むでしょう。
正社員と違って手厚い福利厚生もボーナスも得られないので、生活が非常に苦しくなることが多いです。
現在雇われていて今後フリーを目指すにしても、自分がどちらのタイプなのか客観的に判断しなければならないでしょう。