フリーで働くデメリットとは

IT業界には様々な職種があります。
プログラマーもいればWebデザイナーもいます。
イラストレーターやライターも、場合によってはIT系の職種に含めてもいいかもしれません。
他の業界と同じように、営業や経理を担当するケースもあるでしょう。
職種の幅は広いので、自分の能力が活かせる場所を見つけやすい傾向にあります。
しかも最近は人材のアウトソーシングが盛んになってきているので、どの分野であっても、フリーランスとして働く道があります。
特にベンチャー系IT企業になればほとんど自社で社員を抱えないケースがあり、営業部門を持たず、必要となる営業の仕事をすべて営業代行会社に任せている場合もあるのです。
そのため、個人のフリーランサーに仕事が回ってくることも多いでしょう。
ですが、フリーランスとして働く場合にはいくつかデメリットが生まれるので注意をしておきましょう。
まず第一に、生活が安定しません。
仕事が常にあるというわけではないので、時に収入がほとんど得られない月も出てきます。
安定した収入が得られませんが、その分、稼げるときは稼げるのがメリットです。
また、ボーナスや福利厚生の恩恵に預かることが原則としてできません。
正社員として働く場合よりも、多くの労働が必要になる可能性は高く、たくさん働いても正社員以下の年収になることもあります。
経済的な面で少し不安があるのが、フリーで働くデメリットでしょう。